interview

仕事内容と働き方

top ▸ インタビュー一覧 ▸ 近藤里美

1日のスケジュール

9:30
社内調整

来月から始まる新調査について。クライアントが知りたいことを、どうしたら調査として運用できるかを考えて進めます。

10:00
メール確認・事務処理
11:00
メンバーレビュー

メンバー育成のため、業務状況やコンディションを素早くキャッチアップしてフォロー。

仕事風景
12:00
メンバーとランチ
13:00
リーダーミーティング

円滑に調査が運用できるよう、リーダーで集まります。現状共有や今後の対策検討。

ミーティング風景
15:00
新入社員レビュー

新入社員一人ひとりの成長のため、それぞれの仕事について細かくフィードバック。

17:00
改善案の取りまとめ

調査の企画や運用における改善案をまとめて、対応部署に依頼ができるように準備します。

18:00
メンバーレビュー

1日に複数のメンバーに対して個別レビューを行うことも。

19:00
資料作成

来週開催予定の全体会議で使う資料を作成。

21:00
帰宅

仕事内容を教えてください。

リサーチ部というミステリーショッピングリサーチ(覆面調査)を運用する部署で、複数のチームを統括する仕事をしています。

クライアント企業様との調査設計、運用マネジメント、調査品質の向上と、業務は多岐にわたります。社内スタッフはもちろん、クライアント企業様、モニター様、調査運用にご協力いただいている外部のパートナー企業様など、さまざまな立場の方とワクワクしながら仕事をしています。

クライアント企業様やモニター様により喜んでいただける調査を実施し、調査の運用マネジメントのレベルを引き上げることで、私たちが提供するサービスの価値を高めることが私の役目です。

MS&Consultingの好きなところを教えてください。

社員それぞれが自分の強みを持っており、その強みが発揮されているところが好きです。もちろん、乗り越えなくてはならない弱みもありますが、当社では弱み以上に強みに着目する風土があります。

自分の仕事を振り返ってみると、一緒に仕事をした誰が欠けていてもできなかったことばかりです。それぞれが、その強みの提供を惜しまないからこそ、より高い価値の提供ができ、お互いを高め合って、楽しく仕事ができているのだと感じています。

仕事を通じて実現したいことを教えてください。

リサーチ部では早い段階でリーダーを任され、自分のチームを持ちます。リーダーになりたてのころ、継続的に調査の依頼をいただいていたクライアント企業様より調査品質について大きなクレームをいただいてしまいました。自分の能力不足への悔しさや、クライアント企業様やチームメンバーへの申し訳なさに苦しみましたが、何とか信頼を取り戻そうと、先輩社員やチームメンバーとできることを必死で考えて活動しました。

何とか納品を終えた後、クライアント企業様から、最終的な調査品質や諦めずにやりきる姿勢に対して「良かったですよ」とメッセージをいただいたときは本当にうれしかったです。

今もこのときの経験に支えられていますし、チームメンバー、先輩社員の皆さまにも感謝しています。当時は大変でしたが、今振り返ると本当に貴重な経験です。