interview

仕事内容と働き方

top ▸ インタビュー一覧 ▸ 伊藤友篤

1日のスケジュール

9:00
移動
9:30
メール確認・事務処理
電話風景
11:00
チームの生産性分析

メンバーの業務状況や実績データを確認し、生産性向上のヒントを探ります。

12:00
ランチ
13:00
調査運用・改善

モニター様に依頼した調査が円滑に進むように全体を管理しながら、運用上の改善点を見つけ、調整を加えます。

15:00
新入社員レビュー

レビューとは、振り返りミーティングのことです。新入社員の育成を担当しているので、新入社員と1週間を振り返り、上手くいった点や課題への対応策を議論します。妥協はしません。

ミーティング風景
17:00
翌日のクライアント面談準備

調査の企画設計や結果報告のため、クライアント企業様へお伺いすることもあります。

18:00
マーケティング施策の検討

調査にご参加いただくモニター様に、より快適に多くの調査にご参加いただくための施策を検討します。

20:00
運動

会社付近のジムでトレーニングしてから帰宅します。

仕事内容を教えてください。

  • どのような調査レポートが届けば、クライアントの現場スタッフの方々が行動したいと思えるだろうか?
  • そのような調査レポートを作るためには、どのような調査設計にするべきか?
  • その調査プロジェクトを円滑に進めるためには、モニター様に対してどのように働きかけるべきか?

これらを日々考えています。

昨年までは、コンサルタントとして主に外回りを担当していました。(現在も数社のクライアントを担当させていただいています)その経験を活かし、社内にいながらも、よりクライアントに近い立場として情報発信や提案を行い、チーム全体でクライアントの求める品質を形にすることを心掛けています。

なぜMS&Consultingを選んだのか教えてください。

就職活動をするにあたって、社会心理学や統計学など、学生時代に学んできたことを活かせる仕事を探していました。また、当時から、マネジメントに関わる本を読んだり、モチベーション理論について学んだりしていると、とてもワクワクした気持ちになっていました。「それは何故なんだろう」と思い、自分のそれまでの人生を振り返ってみると、前向きに過ごすことができなかった中学校3年間と、そんな自分を変えたいと思って努力した高校3年間がありました。「何事にも一生懸命頑張ろう」と決意をして過ごした高校時代は、バレーボール部での活動に打ち込んでキャプテンを務め、勉学にも励み、とても充実した3年間でした。自分の人生を振り返ったとき、心ひとつで人生が変わるということを実感しました。この瞬間を、仕事を通じてたくさんの人に実現してもらいたい、それが叶えられるのがこの会社だと思い、入社を決意しました。

MS&Consultingの好きなところを教えてください。

社員一人ひとりを大切にしてくれる会社で、心から「いい人しかいない」と言えるところです。社員の個性はさまざまですが、それぞれが認め合って、尊敬し合っています。部下の成長を本気で考えてくれる上司、お互いに刺激し合える同期、先輩後輩関係なく突きぬけてすごい人がたくさんいる、そんな環境です。社員全員が、「同志」―まさに志を一つにしている仲間だと思います。今後はその仲間のために、そしてクライアント企業様のために、新しいビジネスを生み出し、理念の実現に向けた新しい価値を創造していきたいと思っています。