interview

仕事内容と働き方

top ▸ インタビュー一覧 ▸ 渋谷 行秀

1日のスケジュール

11:00
マネジメントミーティング

マネージャー、リーダーとの定例会議。部門全体の動き方や体制についての打ち合わせ。

面談風景
12:30
移動
13:30
クライアントの幹部会議に参加

「現場改善のプロ」、そして「パートナー」として、ご支援先の会議に参加することも。

挨拶風景
15:30
移動
16:00
役員会

会社に戻り、定例開催の役員会に参加。

18:00
移動
19:00
クライアントと会食

ご支援先の営業部長様とのお食事。業界についての話からプライベートな話まで、大いに盛り上がります。

仕事のやりがいを教えてください。

あるファミリーレストランをご支援したときのお話です。お客様に喜んでいただくことを目的として、そのレストランでアルバイトをしている高校生がチームを組んで店舗の改善活動に取り組みました。一定期間が終わって店舗で成果発表会をしたときに、高校生が泣きながら話してくれました。

「この活動をするまで、自分たちの仕事は店長から指示された作業をして、お客様からの要望にマニュアル通りに応えることだと思っていましたが、本当はそうではないということに気付きました。私たちの仕事は、お客様に喜んでもらうこと、感動してもらうことなんです。お客様に喜んでいただけたとき、本当にこのアルバイトをやってよかったと思いました。その瞬間こそが、この仕事の醍醐味なんです」と。

それを聞いて、ものすごく感動して、本部の方と一緒に涙を流しました。お客様の喜びが自分の喜びだということを、アルバイトを通じて学ぶことができたとその高校生は語ってくれました。私たちの仕事は、クライアント企業様の経営をお手伝いするという側面の他に、現場のスタッフさんの心を変える、働くことの素晴らしさを実感してもらうお手伝いができるという側面があり、本当に素晴らしい仕事だと感謝しています。

MS&Consultingの社員に期待することを教えてください。

当社の社員の特徴は何といっても理念を大切に思っているところです。社員全員が理念の実現に向けての志を持った同志のような関係です。

そんな私たちにとっての仕事は、「志事」と捉えてほしいと願っています。常に今行っている業務に対して「どうやったらクライアント企業様の経営者や社員、スタッフさんのためになるか」「クライアント企業様のお客様、そして、その業界、さらに社会にどう影響を及ぼすことができるか?」に思いを寄せてもらいたいです。

また、理念にある「精神的に豊かな社会の創造」に向けて活動していくためには、私たち一人ひとりが精神的に豊かになっていくことが大事だと思っています。そのためには自分自身の人間性を高めて、さまざまなことに感謝の気持ちを持つことができ、誠実で、思いやりに溢れた人になってもらいたいと思います。

クライアント企業様を変革に導くには、まずそこで働いている人たちの心に届いて、その心にスイッチを入れる力が必要です。そのために、まずは自分自身の心を磨き、自らの言動を磨き、「あの人が言っているのなら信じてみよう」と思ってもらえるような人に、一人ひとりが成長していってほしいと願っています。